スマホゲームが主流になってきた今ではゲームの数も増えて、イラスト制作の需要が高まってきました。

大切なのは世界観

今現在、スマホゲームの人気が衰える気配はなく、配信会社として新規参入を考えている企業も少なくないのではないでしょうか。しかし、ゲームの制作部門を一から作るとなると大変です。そうした会社の多くは、ゲーム制作代行会社に委託することを考えるでしょう。スマホゲーム専門の制作会社として起業したところだけでなく、近頃では家庭用ゲームソフトを制作していた会社もスマホゲームのアプリケーションを制作するようになっていることから、制作を依頼するパートナー企業は選び放題であるといえるかもしれません。むしろ、豊富にある企業の中からどこを選ぶべきかと迷う状況にあるのではないでしょうか。もし、まだパートナー企業を決めていないのであれば、経験が豊富で、かつ人気のあるイラスト制作者を多く擁している、「エーステクノロジー」や「コロプラ」などをお勧めします。

キャラクターや背景はゲームの世界観を表す重要な要素ですから、魅力ある作品を制作できるデザイナーがどれくらい所属しているか、制作に携わっているかがパートナー会社を決めるポイントになるでしょう。会社自体に実績や信用があることはもちろんのこと、所属しているデザイナーの実績も考慮して選ぶべきなのです。そうした観点から判断しても、上記のような制作代行会社がパートナーとして望ましいのです。世界観がどれだけしっかりと表れているかによって、スマホゲームのダウンロード数が変わるといっても過言ではありません。コストの面だけでなく、実績と信用にも注目して選ぶことをお勧めします。

実績がある企業には、必ず表現力のあるイラスト制作者が所属しているので、人気の出るスマホゲームを配信したいと考えているのであればなおさら、そうした会社をパートナーとするべきでしょう。魅力あるキャラクターや世界観でなければ、ユーザーはすぐに飽きてしまうものです。そうした作品を生み出せる企業と手を組めるかどうかで、スマホゲーム参入の道は分かれるのです。